アートセラピストの「アートと暮らす」

アートセラピストとして活動するクエストのSTAFFが現場の声をお伝えします。アートセラピー情報もタイムリーにお届けします。

感情は人が豊かになるために与えられている

f:id:quest-art:20180315153325j:plain

 スタッフのsatokoです。

3月、私は引っ越しをしました。

金柑がなるお家なので、

ハチミツ漬けをつくったりして、

楽しんでいます。

 

環境が変わって、

少し規則正しい生活になりました。

ですが、慣れないことや、

これからどうなるだろう~という不安も、

心のどこかにあって。

そんな時って、

つい自分の考え癖が出てしまいます。

 

楽しいこともたくさんあって、

どんどん進んでいきたいのに、

なぜか動けなくなる、

どうしたいのかわからなくなる…

そんな感覚を感じることがありました。

 

そんな時、

私がアートセラピーを学び始めた頃の

絵やら何やらが出てきました。

 

ふと、目にとまったのが、

私もクラス作りに参加させてもらっている

『アートサポートコース』講師の

千桂子先生からコメント。

 

自分の絵に対して、

自己分析をしたレポートのお返事に、

こんな感じのことが書かれていました。

 

自分の内側に「~された」「~言われた」

( ↑私の絵に登場するキャラが〜されたって

よく言ってるんです・笑 )

というような意識がある時は、

いつまでもその場から離れられなくなる。

心のどこかにある

絶対忘れない、絶対許さないコーナー。 

それは「不安」な気持ちよりも大きくて、

あなたの行動を止めてしまうような

感情の塊かも知れません。

 

・・そんなコーナーはありませんか?・・ 


その当時の私は、

このコメントをどう受け止めたのか、

それは定かではないけれど。

今の私には、しっかり心に届きました。

 

『不安』よりも、

私を多く支配している感情があるなって

思ったんです。

そこに囚われて、

本当にしたいこと、味わいたいことに

進めない。。。

 

もうひとつ。

他のレポートのお返事に、

『感情は、人が豊かになるために

 与えられているもの』と、

書かれていました。

 

あ!感情・・・

いっぱいあるな。。。

 

私が、それらの感情と対話し、

仲良くなることで、

新たな一歩を進んでいけるのだと、

そう思えたんです。

 

f:id:quest-art:20180315153313j:plain

 

いつまでたっても、

『テーマ』は同じ、私は私だなぁと。

 

ですが、成長していないのではなく、

その時々で受け取るものが違うのだなと、

改めて実感。

 

そして、アートの力を使って、

また進んでいこうと思えた出来事でした。

 

春がやってきますね。 

またアートいっぱいしようと思います。

 

 

satoko

 

f:id:quest-art:20180315153536j:plain